FC2ブログ

02 雨 (野臥間邦夫)

 野臥間邦夫(のぶすまくにお)は、

窓に打ちつけられている雨を見ながら呟いた。

「また、この季節がやってきたな」

続きを読む

スポンサーサイト



08 空 (鶯木麗)

 鶯木麗(おおきうらら)は、久しぶりに友人、

小宮(こみや)タマの家を訪ねていた。

続きを読む

14 戒め (狼谷朔太郎)

 狼谷朔太郎(かみやさくたろう)の眼前には、

口を尖らせ、ふてくされているような孫の姿があった。

「満」

 部屋へ呼びだした理由を説明しようとしたが、

それは呼びだした相手によって遮られてしまう。

続きを読む

20 傷 (野臥間邦夫)

「イテテテ、年は取りたくないのぉ」

 膝をさすりながら邦夫は、どっこいせ、と座布団に座る。

昔、ケガをした後遺症のせいか、

足を曲げたりするといつも痛む。

痛みがひいてきたところで、タイミングよくふすまが開いた。

続きを読む

26 光 (鶯木麗)

 高台にある自宅から、子供たちの翼を広げている姿が見える。

白に、青に茶。

色とりどりの羽が、太陽の光に反射されて綺麗だった。

続きを読む

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR