FC2ブログ

04 剣 (梅宮美都子)

 梅宮美都子(うめみやみつこ)が、

ひと息つこうとお茶を飲んでいると、執務室に長男、

梅宮忠信(ただのぶ)が浮かない表情で入ってきた。

その顔つきで何があったのか。美都子にはすぐに察しがついた。

続きを読む

スポンサーサイト



10 夢 (梅宮忠臣)

 忠臣(ただおみ)が執務室へ入ると、

妻である美都子が眉間に皺を寄せて前方を睨みつけていた。

「何を気に病んでおいでですか?」

 こちらの声に、美都子は我に返ったようだ。

目を大きく開いている妻の顔が、

いつもの威厳のある当主の顔とは違い、幼く見えた。

そんな彼女の姿に忠臣が微笑むと、美都子は小さく息を吐く。

続きを読む

16 逃走 (梅宮忠信)

「おーい、みのりー、どこだーい。怖くないから出ておいでー」

 忠信は妹を捜しに、家の裏山を歩いていた。

続きを読む

22 午睡 (梅宮美都子)

 所用で1人外出していた美都子が執務室へ戻ってくると、

中のソファで午睡している忠臣の姿があった。

続きを読む

28 杖 (梅宮忠信)

 妹を連れて帰ることができなかった忠信を待っていたのは、

般若のような顔をした美都子だった。

続きを読む

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR