FC2ブログ

1 月 (小山八十八)

written by 高木一

 小山八十八(こやまやそはち)は見渡す限り畑が広がっている場所に立っていた。

 ことの発端は、小山の勤める金星(かなぼし)製薬の社長の一声から始まった。

『行きの切符だけ買う金以外は置いて商品だけ持ち、商品を売って稼いだ金で帰ってこい』

 その指令とともに、小山は会社の商品である胃腸薬と湿布薬を風呂敷と袋につめ汽車へ飛び乗った。

 終着駅で降り、土地勘のない場所を彷徨い続けること数時間。いくつかの薬の販売店の他民家にも売り込みをかけたがことごとく拒否され続けた。その結果、着いたときは頭上にあった太陽がいつのまにか沈み、今は月が昇っている。

「月がこっちで、北極星がこっちってことは……南はこっちか」

 よかった。駅までの方向はわかった。線路を目指せば、民家も増えるだろう。

「よし! うちの商品が効果あるのは僕自信が実証済みだ」

 足に貼った湿布薬のおかげで痛みが引いてきた。代金は無事に会社へたどり着いたときに払えばいい。今は、なんとしても帰宅の切符代を稼がなくては。

 小山は地面に置いた商品の入った袋を再び肩から下げ、力強く歩き出した。

〈了〉

スポンサーサイト



1.月<須永由江(すながゆきえ)>

written by 朝川 椛

 月を見ると彼のことを思い出す。
それはどんな月でもだ。
死んだ、自分の恋人、平岩文人(ひらいわふみと)。
自分の愛しい人が自分のことを好きだと言ってくれた時は確か三日月だった。



続きを読む

2 キャンディー (想田麻紘)

written by 高木一

 それを発見したのは想田麻紘(そうだまひろ)がいつものように曾祖父の残した書物を読んでいる時だった。

「あ、これ! ひいお爺様が未四郎(みしろう)さんのお父様に教えた水飴薬だわ」
 曾祖父の弟子だった稲村未太郎(みたろう)は、この水飴薬を商品化し稲村商事を企業した。ふみの夫、未四郎はそこの副社長をしている。

「えっと、何々」

 麻紘は楷書で書かれた文字を指で滑らせながら文字を読み解いていく。

「水飴に、桔梗、薬用人参、麻黄、葛根、桂皮油を調合して……なるほど。喉の痛みを抑えるものや、咳止めに喀痰(かくたん)、発汗作用のあるものが入っているのね」

 これなら薬が苦手な人でも摂れるだろう。

「明日作ってみようかな」

 ちょうど今日、近所に住む岩崎としからもち米をもらったばかりだ。それを使えば水飴ができる。

「でも、小麦麦芽なんてあったかしら? 明日ばぁやに聞いてみなくっちゃ」

 小麦麦芽があればあとは砂糖と水だけなので水飴を作ることができる。多めに作っても、水飴だったらおやつになる。

 麻紘は水飴の甘さを想像しながらノートを取り出し、作り方を写し始めた。

〈了〉

2.キャンディー <綾木和彦(あやぎかずひこ)>

written by 朝川 椛

 叔父の綾木涼のポケットにはいつもお菓子が入っていた。
悲しい時、和彦が泣いていると決まって叔父がポケットから飴玉をくれたのだった。

続きを読む

3 傘 (想田荊芥)

written by 高木一

「叔父様は傘をつかないの?」

 遊びにきていた従姉の娘、アカネに尋ねられ、荊芥(けいがい)は首をかしげる。

「傘? 傘はさすものだろう」
「違うわ。最近は昼でもステッキのように傘を持ち歩くのがおしゃれなのよ」

 ツンと顔をあげ、アカネは自慢げに話す。

 女性はおしゃれに敏感だというが、年は関係ないらしい。アカネは尋常小学校へ通っている娘と同じくらいのはずだが、もしかしたら娘もそう思っているのだろうか。

 荊芥は傘をステッキ代わりに持つ自分を想像した。

 右手に傘を左腕には外出の際にいつも持っている画材道具。

(うーん。絵を描いている途中でどこかに置き忘れそうだなぁ)

 容易に想像できる末路に荊芥は寝ぐせのついた頭をかく。

「雨も降ってないのに傘なんて持ってたら邪魔じゃないかなぁ」

 肩を竦めながら返すと、アカネが頬を膨らませる。

「まっ! 叔父様ったらおしゃれをする気概がないのね。そんなだから麻紘もおしゃれをしないのよ!」
「……ぼくがおしゃれじゃないのと麻紘は関係ないと思うんだけど」

 腰に手をあて、アカネがまくし立ててきた。荊芥が気圧されながらも反論すると、彼女はさらに持論を続ける。

「関係は大ありよ! もう少し叔父様がおしゃれに敏感だったら麻紘だっておしゃれに目覚めていたはずだもの」
「えー」

 荊芥はアカネの言いがかりに嘆息した。だが、その言い方こそ幼い頃から姉のように接してくれているアカネの母、多部菊花にそっくりだった。そのせいだろうか。最近、アカネに口では敵わなくなっている気がする。

「今からでも遅くないわ、叔父様!」
「……ぼくはいいよ。それよりアカネがぼくの分まで、麻紘のおしゃれに目を向けてあげればいいと思うよ」
「もう仕方ないわね。わかったわ、私が叔父様に代わって麻紘をおしゃれにしてみせるわ」

 ふふっ、とアカネが菊花そっくりの笑みを作った。

(……麻紘、ごめん)

 荊芥は、アカネに振り回されるであろう娘を思い、心の中で謝罪した。

〈了〉

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR