FC2ブログ

02 君に逢う為に (朋樹&彩香)

written by 朝川 椛


 夕暮れ時の駅前交差点。
混み合う人並みをかき分けてたどり着いた横断歩道の前で、
案の定信号機の色が青から赤に変わった。
我ながらツイてない。
苦りきった気持ちを抑えようと腕時計を確認して、朋樹は舌を打つ。
仕事が予定より10分ほど超過してしまった。
彼女はまだ待っているだろうか。
「あいつ時間にうるさいからなあ」
 ぼやいて歩道先の駅を眺める。と、ほどなくして、
青へと変わった信号機の向こう側に、彼の人を発見した。
「遅い」
 黒と灰色のシャツにGパン姿をした女性は、
駆け寄った朋樹へ開口一番に言い放つ。
右肩に重そうな黒のショルダーバッグをかけ、
両手には手提げの紙袋をぶら下げていた。
「あんたの顔見つけなきゃ帰ってるとこだったわよ」
 小さく鼻を鳴らす女性。
「わりぃ、彩香」
 彩香と呼ばれた女性は、手を合わせる朋樹に向かい、
手提げ袋を乱暴に差し出した。
「はい、夕飯」
「おう、さんきゅ。って、そっちのは?」
 朋樹は彩香の手に残った手提げ袋を指差す。
今更分かりきった話だとは思ったものの、
なんだか急に意地の悪い気分になったのだ。

 ほんの少しだけ、弄くりたい。

「田中さんの分よ」
 案の定、彩香は顔をさっと朱に染め、こちらを睨んでくる。
 頬を膨らませてぼそりと呟くその表情は、
学生時代には一度も見せたことのなかったものだった。
 よかったと心から思う反面、どことなく面白くない。
 だが彩香は、そんな朋樹の複雑な心境など、どこ吹く風のようで。
大げさな溜め息で自らの照れを吹き飛ばしたのか、
にこやかに微笑んでくる。
「あんたが携帯切ってるから、利恵さんと連絡取ったり大変だったわよ」
 彩香の言葉に朋樹は慌てる。
「かみさん、何だって?」
「もうすぐここに来るんじゃない?」
 待ち合わせたから、と肩を竦める彩香を見て、
朋樹は天を仰いだ。今日は自分が夕食を作る、
とパートに向かう嫁の後ろ姿へ豪語しておいたのだが。
いつものごとく、彩香にヘルプを頼んだことが知れたのは、
なんとも痛い。
「てか、なんでお前らそんなにツーカーなんだよ」
 俺は友人としての順位も格下げなのか。
 言外にそんな非難を込めつつ、
うなだれた朋樹に軽やかな笑いが降ってくる。
「当たり前でしょ。親友の奥さんなんだから」
「え」
 彩香の言葉に驚き、顔を上げる。
「いつから?」
「は?」
「いつからそう思ってた?」
「そんなの分かんないけど、結構初めっからなんじゃないの?」
 これだけ続いてんだし、と戸惑いながらも答える彩香。
 朋樹はそんな彩香を、清々しい気分で眺めやった。
「俺、あの大学入ったのって、お前に逢うためだったのかも」
「はあ?」
 呟き、微笑んでみせる朋樹。彩香が呆れたように肩を竦める。
「あんた、頭でも打ったでしょ?」
 打っていない。打ってはいないが、
それよりも激しくて、嬉しい衝撃が走ったのは確かだ。

 ああ、参った。遅咲きの青春ってやつだ。

「今日ツいてるわ、俺」
 朋樹は、彩香が怪訝な面持ちで見つめてくるのを受けながら、
人目もはばからず声を上げて笑った。

 そして、今ある幸せを、心の底から噛みしめた。

fin.
スポンサーサイト



10 香り (先輩:加奈)

written by 朝川 椛


駅前から自宅のマンションまで、徒歩10分。

赤茶に染まり落ちていく葉をぼんやりと眺めながら、

加奈は秋色に染まった桜の並木道を、自宅へ向かい歩いていた。

徐々に増えていく家々の明かりが、

暮れていく街並みを柔らかく彩っていく。

「さむっ」

加奈はコートの前を抱き込むように合わせ、ふと足を止めた。

懐かしい匂いがする。

幼い頃よく嗅いだ、温かい夕餉の香りだ。

「もうそんな時間か」

激しい郷愁が胸に去来する。

帰ったら、電話してみようか。

遠い故郷にいる愛しい人たちの顔を思い浮かべながら、

加奈は帰宅の足を速めた。

fin.

14 ロック (彩香&館長<田中>)

written by 朝川 椛

田中の部屋に初めて訪れた日のこと。

1DKのマンション。比較的整えられた部屋の隅にある

木製の本棚を何気なく見ていたら、それを見つけた。

「CD?」

綺麗どころの男性が4人、

バッチリとメイクアップしてポーズをキメている。

専門書ばかりが目立つそこには

まるで不似合いなジャケットを目にして、彩香は絶句した。

(これって……)

お茶を持ってきた田中に向かい、恐る恐る尋ねてみる。

「あの、このヴィジュアル系のCDって……?」

「ああ、それ? 懐かしいなあ。

今はこんな感じだけど、一応僕ボーカルやってたんだよね」

「ボーカル……ですか……」

何と返したら良いものか分からず、曖昧に相づちを打つと、

田中がこれまで見たなかで一番爽やかな笑顔を向けてきた。

「『目指せ東京ドーム!』ってね」

若かったよねえ、と感慨深げに呟く田中に、

彩香は想い人の過去が底知れないことを思い知るのだった。

fin.

22 飛行機雲 (受付の女性:新田菜穂子)

written by 朝川 椛

昼休み。

職場の小さな美術館を出て、

菜穂子は久しぶりに近くの喫茶店で昼食を摂った。

大好きなハムサンドとダージリンティーを堪能し、

満足感に浸りながら店を出る。

ふと視線を上向けると、

秋晴れの青空に一筋の雲がかかっていた。

「飛行機雲か……」

ひとりごちて、口元を綻ばせる。

そういえば、

一時期は飛行機雲を見るのも嫌だった時期があったっけ。

「あれからもう10年か」

10年一昔とよく言うけれど、本当に時の経つのは早いものだ。

8年間も遠距離恋愛していた彼と別れ、

思い出に縋って毎晩のように泣いていたあの頃が

何故か懐かしい。

菜穂子はくすりと笑い、大きく伸びをする。

「明日は雨、か……」

折りたたみ傘を持って行かなくちゃね、

と鼻歌混じりに歩き出しながら、

セピア色になった記憶に思いを馳せた。

fin.

26 壊れた私 (朋樹&利恵)

written by 朝川 椛

「もういいかげんにしたら?」

壊れたオーディオコンポ。

むきになってあらゆるネジを弄くり回していたら、

後ろから妻、利恵の呆れたような声が飛んできた。

「いいや。俺なら直せる!」

腕を捲ってネジ回しを手にする朋樹に、

利恵の溜め息が聞こえてくる。

「無理しなくっても新しく買えばいいことじゃない」

「新しくったって、お前なあ」

それでは意味がない。

このコンポは利恵と出会うきっかけとなった

特別なものなのに。

お前は忘れちまったのか、と非難を込めて妻を見つめる。

利恵はくすりと笑い、忘れてないわよ、と微笑んだ。

「でもそんなこと問題ないじゃない? 

今ここにこうして一緒にいるんだし。

新しいデッキを一緒に買うってのは、

想いを積み重ねていくって作業と同じなんだから」

それはそれで大事なことでしょ、と小首を傾げる利恵に、

朋樹は二の句が告げなくなる。

出会った頃のまま、眩しく映る妻の微笑み。

真っ昼間なのに、

いけない気分がむくむくと沸き起こってきてしまった。

「……そうだな」

朋樹は頷きながら、

胸に募る愛しさを、鼻を掻くことで必死にごまかす。

脆くなった理性が、

あと数秒も保たないことを自覚しながら……。

fin.
プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR