スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14 戒め (狼谷朔太郎)

 狼谷朔太郎(かみやさくたろう)の眼前には、

口を尖らせ、ふてくされているような孫の姿があった。

「満」

 部屋へ呼びだした理由を説明しようとしたが、

それは呼びだした相手によって遮られてしまう。

「人間と共存していくための努力をしろってことなら、お断りだ。 
俺は人間と共存していこうとは思ってない」

 淡々と話す満に、朔太郎は眉間に皺を寄せる。

「お前は、長(おさ)見習いで何を学んできたんだ!」

 怒鳴りつけるこちらに対し満は、怯むことなく、

むしろ冷ややかともいえる視線向けてきた。

「黄金梅の恩恵によって栄えることのできた黄梅に住む、
人間や獣人を含んだ全ての生物同士が共存できるように
尽力していくこと。
また、黄金梅をもたらしてくれた太郎様の一族に敬意を払うこと」

「わかっているではないか」

 意外にも満は、自分が教えてきたことをちゃんと覚えていたようだ。

朔太郎は、そんな孫に驚きつつも感心し、先ほどの怒りを鎮めようとする。

しかし、今度は満の方が怒りをあらわにしてきた。

「冗談じゃねー。何が人間に敬意だ。
自分勝手に山を崩し、俺たちの土地を、仲間を傷つける人間どもと
共存なんて誰がするかよっ」

 満の本音に、朔太郎は胸が痛くなった。

朔太郎自身も、人間のせいで失ったものがたくさんある。

だが、それ以上に与えられたものもたくさんあった。

それを言ったところで、今の満が聞く耳を持つかどうか。

朔太郎が思案していると、満が先に口を開いた。

「俺は長だ。
もう長見習いのときのように、じい様の言いつけに従う義務はない」

 話すことはないと言わんばかりに、

満はそのまま部屋から出て行こうとする。

朔太郎は、満を呼び止めることができず、

部屋を出て行く孫の背中を黙って見ていた。

(了)
スポンサーサイト
プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。