22 午睡 (梅宮美都子)

 所用で1人外出していた美都子が執務室へ戻ってくると、

中のソファで午睡している忠臣の姿があった。

(珍しいこともあるのね)

 起きているときより、

幾分若く見える夫の寝顔に美都子は微笑む。

起こさないように近づき、

眠りの妨げになりそうな前髪をそっとはらってやると、

髪で隠されていた部分があらわになった。

忠臣の顔に刻まれたシワの多さに、美都子は少しだけ目を瞠る。

(私の顔のシワもこんな風に見えるのかしら)

 自分が立っている場所は、

常に気を張りつめていなければならない。

それは隣に立つ彼も同じだろう。

いつも飄々としていて、

ときおり手のひらで転がされているのではないかと

錯覚しそうになるが。

それでも彼が夫で良かった。

年を重ねるごとにそう思うようになっていく。

(ありがとう、忠臣さん)

 もう少しだけ、つかの間の休息をしてもらおう。

美都子は、足音をたてないよう、

机に置いてある自分の膝掛け取りにいく。

そしてそれを忠臣にかけてやり、執務室をあとにした。

(了)
スポンサーサイト
プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、こちらはオリジナル小説サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの朝川 椛(あさかわもみじ)と高木 一(たかぎはじめ)の2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR