33 王 (文兎)

 秋雅に呼ばれ出向いた場所は、小さな市民センターだった。

躊躇いがちに中へ入るが、そこに秋雅の姿はなく、

代わりに秘書の吉田がいた。

「何をやっているんです?」

 文兎が尋ねると、文庫本から顔をあげ吉田が微笑む。

「詰め将棋です。王をどうにか逃したいと思っているのですが、

何事も逆手に考えるのは難しいですね」

 吉田の言葉に文兎は深々と頷いた。

「……なるほど……」

 つまり、自らの王、秋雅をたてるには、

まだまだ時間がかかるということか。

文兎は深々と頷き、マイクロSDを差しだす。

「いくらかのお役に立てればいいのですが」

「ありがとうございます」

 カードを受けとり、吉田が満足げに口元をほころばせた。

文兎は、一礼して颯爽と去っていく吉田の後ろ姿を眺めながら、

溜め息をつく。自分はあの秘書より必要とされているのだろうか。

秋雅にとっての存在意義を、思わずにはいられなかった。

                              fin.
スポンサーサイト
プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、こちらはオリジナル小説サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの朝川 椛(あさかわもみじ)と高木 一(たかぎはじめ)の2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR