86 献花 (狼谷朔太郎)

 朔太郎は白と黄色の菊の花を片手に、

小高い丘の頂上を目指して歩いていた。

「なんだ、来てたのか」

 登りきった先にある義理の息子が眠っている墓石の前で、

朔夜が佇んでいた。呟くように漏らした声が聞こえたようだ。

娘が目を丸くしてこちらを振り返った。

「父さんこそ」
「まぁ、なんだ命日だしな」

 なんとなく照れくさくなり、鼻の頭をかく。

「そう。じゃあ、私は先に行くわね」
「もう行くのか?」

 せっかくの二人の時間を邪魔してしまったようで、

申し訳なくなる。

しかし、朔夜は気にしていないのかこちらに笑みを向けてきた。

「えぇ、あの人と話したいことがあるんでしょう。
 私はもう終わったから」

 朔夜は、墓石に向かって「また来るわね」と呟くと

そのまま丘を下り始める。

朔太郎は、そんな娘の後ろ姿をしばらくの間見つめ続けた。

(了)
スポンサーサイト
プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、こちらはオリジナル小説サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの朝川 椛(あさかわもみじ)と高木 一(たかぎはじめ)の2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR