FC2ブログ

3.傘<平岩文人(ひらいわふみと)>

written by 朝川 椛

 由江と同棲を始めてから、文人は雨の日が待ち遠しい。
愛しい彼女を傘で迎えに行けるからだ。
自分には思いきり絵を描いて欲しいと言った彼女は、朝からドラッグストアのアルバイトに出かけている。

 せっかく一緒に暮らし始めたというのに、会っている時間はとんでもなく少ない。
彼女が夕方から9時まで書店でのアルバイトにも勤しんでいるからだ。
別にそれが悪いということではない。
しかし、一緒にいる時間が日に5時間なんて、少ないにも程がある。

 そんなことだから、もしかして、と考えてしまう。
もしかして、俺より良い奴ができたんじゃないか、ってなことを。
そんなはずはない。
彼女は自分を愛してくれている。
(なのに何故俺は!)
 だから、雨を言い訳にして、今日も文人は横断歩道まで迎えに行く。
彼女が自分を見つけた時の綻んだ笑顔を見るそのために……。

END
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR