FC2ブログ

6.かすみ草<須永瑠奈(すながるな)>

written by 朝川  椛

 昔からかすみ草を見ると、母、由江のようだと瑠奈は思う。
楚々としてる添え花。誰かの影になるために生まれてきたような人だ。
そんなことを友人に話したら、でもさ、と友人は少し考え口を開いた。

「かすみ草ってそれだけだと味気ないって良く言われるけどさ。私はそうじゃないと思うな」

 瑠奈は友人の意図を図りかね、首を傾げる。
すると、友人は弁当箱を置いて身を乗り出してきた。

「あれって、たくさんあるとうざったくならない? だからああ見えてすっごく自分を主張する花だと思うわけ」
「あー、そういえば……」

 そうかもしれない。
紡ぎかけた言葉を、瑠奈は呑み込んだ。
そして改めて母を想う。

「『自分を主張する』かあ……」

 本当にそうなら少し嬉しい。
影のある微笑みばかり浮かべる母へ思いを馳せながら、瑠奈は水筒から注いだ紅茶を口に含んだ。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR