FC2ブログ

10.時計<綾木和彦(あやぎかずひこ)>

written by 朝川 椛


「やる。使え」

 無造作に手を突き出してきたのは父の綾木龍彦(あやぎたつひこ)だった。
和彦は差し伸べられたものを見る。それは茶色い革製の時計だった。
使われた様子はなく新品同様の体を為しているが、年代物だと思われた。

「いいの? 俺なんかが使って」
「いい。親父が亡くなる前にこれをお前にと。要は形見だ。使ってやってくれ」
「うん。じゃあ……」

 和彦は頷くと、おずおずと手に取り腕につけてみた。
その革はまだ硬く、なかなか腕に馴染んでくれそうもなかった。

「祖父さん、なんで俺にって?」
「あーいや、まあ、な……」

 言葉を濁す父にピンと来るものがあった。

「これ、涼叔父さんにあげるつもりだったんだろ?」

 尋ねると、父が呻いた。

「さ、最初はどうあれ、最後はお前に、と言ったんだ。お前のものだ」
「あー、まあ、ね。うん。貰っとくよ」
「ああ」

 顔を背けて首肯した父の声音は、どこか嬉しそうで、けれど淋しげでもあった。

「叔父さんにも伝えておくよ。祖父さんの思ってたことをさ」
「いらん。あまり出過ぎたことをするな」

 鼻を鳴らして歩き去る父の後ろ姿を見つめる。

「素直じゃないよなあ」

 和彦はぼやき、肩を竦めた。


                                   了
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR