FC2ブログ

12.お粥<綾木涼(あやぎりょう)>

written by 朝川 椛


 子供の頃、風邪を引くと必ず母親が粥を作ってくれた。
涼はその粥が大好物だった。
だが、その事を兄弟たちに話すと、決まって笑いの種にされる。

「あんなノリでしかないものの何が美味いんだ?」
「味も素っ気もないものねえ」

 口々に言われても涼にとってお粥は母の味だった。

「梅干しを入れたら風味も出るし、鰹節を入れたっていいじゃないか」

 反論すると、長兄がくすりと笑う。

「お前、昔っから母さんに人一倍甘えていたからなあ」
「そんなことは……」

 暗にマザコン扱いされ、涼はムッとする。
一番大事にされているのはどちらにしても長兄なのだから。
けれど、涼は溜め息を吐くことで、その言葉を呑み込む。

「そんなこと言ってると、今に時代に取り残されるぞ。
いずれ粥専門店なんてのができるかもそれないじゃないか」
「おう。それなら今からお前がやってみればいいじゃないか。なあ、みんな」

 長兄が肩を叩いてきた。
愉快げに笑い合う兄弟たちの中で、涼は一人苦い思いを抱くのだった。


                                            了
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR