FC2ブログ

13.オレンジジュース<須永瑠奈(すながるな)>

written by 朝川 椛

「ただいまー! あー! 暑かった!」

 雑に靴を脱ぎ、瑠奈は三和土を上がる。
文句を言いながら洗面台で手を洗っていると、祖母の園子が笑顔で顔を出てきた。

「暑かったでしょう? オレンジジュース凍らしてあるけど、どうする?」
「やった! 食べる食べる!」

 夏になると園子は決まって即席のシャーベットを作ってくれていた。
メニューは日によって変わり、牛乳に砂糖を混ぜて凍らせたものであったり、
今日のようにオレンジジュースを凍らせたものであったりする。
瑠奈はどちらのシャーベットも好きだったが、
どちらかというと柑橘系であるオレンジジュースの方がより好みだったので、
テンションはMAXになっていた。

 手を洗って台所へ向かうと、
テーブルにはスプーンと凍ったオレンジジュースが入ったコップが置かれている。

「召し上がれ」
「ありがとう! いただきまーす!」

 目を細めている祖母に見守られながら表面にスプーンを突き立てると、
思った通り、中央はまだ液体のままだった。

「これこれ!」

 瑠奈は鼻歌交じりに氷を崩し、液体と混ぜる。
程よく混ざりあったシャーベット状のオレンジジュースを口に含むと、
甘酸っぱい冷たさが口中に広がった。

「ゆっくり食べなさいよ」

 クスクスと笑う園子の言葉に頷きながらも、瑠奈は夢中で大好物のそれに舌鼓を打つのだった。



                                                              了
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR