FC2ブログ

14.盛夏<綾木和彦(あやぎかずひこ)>

written by 朝川 椛

 8月のある日、叔父である涼の部屋で漫画を読んでいた和彦に、叔父が提案してきた。

「蝉でも取りに行こうか」
「えー、蝉?」
「あれ? じゃあ何だったらいいんだよ」
「やっぱカブト虫じゃね?」
「カブト虫かあ」

 それだと夜の方がいいんだよなあ、と叔父が呟く。
和彦はその言葉に喰いついた。

「マジ? なんで?!」
「カブト虫は夜樹液を求めてやって来るんだよ。だから」

 夜と聞いて和彦のテンションは爆上げになった。

「え! じゃあ、今日泊まって行ってもいい?!」
「ダメ」

 一語のもとに却下され、和彦はむくれる。

「なんだよー、けち!」

 だが、叔父は愉快げに笑うだけだ。

「だからほら、外に蝉取りに行こうよ」
「わかったよー」

 ご機嫌取りしてくる叔父の行為そのものが嬉しくて、和彦は即怒ったふりをするのをやめた。
叔父が父親だったらな、なんてことを本気で考えつつ、和彦は叔父とともに虫取り網を持って
外へでかけるのだった。



                                                       了

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR