FC2ブログ

15 テーマパーク (小山八十八)

written by 高木一

 それは小山が書類整理に勤しんでいる時だった。凝り固まった体をほぐすべく腕を伸ばすと、向いに座っている同僚の先輩が声をかけてきた。

「この間さ、婚約者と凌雲閣へ行ってきたんだよ」
「凌雲閣って、浅草の?」

 凌雲閣といえば、浅草で最も高い建造物だ。名前のごとく「雲を凌ぐほど高い」らしい。営業先でも話題にのぼるほど有名だから名前だけは知っている。

「そう。電動エレベーターってやつ? あれはすごかったぜ。8階まで1分くらいで行けるんだぜ」

 我が物顔で話す先輩に小山は目を見開いた。建造当初から電動エレベーターはあったが、度重なる故障のせいで停止していたはずだ。それが稼働するようになっていたなんて知らなかった。

「すごいですね。僕もエレベーターに乗ってみたいです」

 仕事に慣れていない自分では早々に行くことはできないが、いつかは行ってみたい。小山はエレベーターに思いを馳せた。

「お前も婚約者でもができたら行ってみたらいいよ」
「こ、婚約者なんて、僕には当分無理ですよ」

 小山は頓狂な声をあげた。激しく首を左右に振ると、先輩が口を開けて笑う。

「わからないぞ。お前みたいな奴はすぐにできたりするもんだ」
「そ、そうですかねぇ」

 まったく想像もつかない話だ。小山は断言する先輩の言葉が信じられず、首をひねりながら襟足へ手を当てた。

〈了〉

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR