FC2ブログ

17.バンソウコウ<須永瑠奈(すながるな)>

written by 朝川 椛

 須永瑠奈は自分ではそうは思わないが、周囲からお転婆だと言われている。
確かに木に登ることや外で遊ぶことは大好きだ。
それで怪我をしてしまうことも確かに良くある。


 今日も男子と女子入り交じって缶蹴りをした際、缶を蹴り損ねて膝を大いに擦りむいてしまった。
水で洗ったのだがこれが異常に滲みるので、
ちょっと涙目になってしまったが、涙を零すことだけはどうにか堪えた。

「瑠奈はおっちょこちょいだよなあ」

 クラスの男子である覚(さとる)が近寄ってきて、おもむろに大きなバンソウコウを差し出してきた。

「母ちゃんが持ってろって言うからさ。
俺はイヤなんだけど、持っていかないとうるさくってさ。余ってるからお前にやるよ」
「え? う、うん。ありがとう」

 瑠奈は素直に受け取って足につける。痛みが引いたわけでもないのに心が軽くなった。

「大丈夫か?」
「うん。本当にありがとう!」
「じゃあ、続きやろうぜ!」

 走り出す友人たちに交じってはしゃぎながら、瑠奈は覚に対し心の中で感謝した。


                                                   了
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR