FC2ブログ

19.声<須永園子(すながそのこ)>

written by 朝川 椛

 須永園子は未だに母の夢を見て飛び起きる時がある。
母は91歳でまだ健在である。
が、今の母が呼ぶのではなく、若い頃の母が自分を呼ぶ声に、ビクリとしてしまうのだ。

 そんな時、決まって娘の由江が正気に戻してくれる。

「母様、母様! 大丈夫?」

 そんな愛娘の声を聴くと、
ああ、今夜もまた帰って来られた、と安堵することができる。

「大丈夫ですよ」
「またお祖母様の夢?」
「ええ、呼ばれるのよ。名前を」
「母様……」

 幾度繰り返されたかわからない会話。
由江も自分を救うことはできないとわかっているのだろう。
吐息して、背中を叩くと、また寝床につく。

「大丈夫よ」

 近いうちに、きっとこの呪縛から逃れることができる。
園子は一人確信するのだった。


                                   了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR