FC2ブログ

20.刀(剣)<綾木龍彦(すながたつひこ)>

written by 朝川 椛

 綾木家は金はないがそこそこ古い家柄である。
だから父母から託された物の中に、
古美術品のような物がいくつか混じっているのは覚悟していた。

「だが、これはなあ……」

 そんなに年代物ではなさそうな刀を前に、龍彦は溜め息を吐く。

「おい、和彦!」

 息子を呼ぶと、思った以上に苦汁切った表情の和彦が襖を開けてきた。

「何?」
「お前、刀の手入れはできるのか?」
「一応」
「売るのと持っておくのとどっちがいいと思う?」
「そんなにお金にならなくてもいいなら売れば。別にそんな名刀でもないし」
「そうか……」
「話はそれだけ?」
「うむ」
「なら、俺叔父さんの家行ってくるから」

 非難げな声音で告げると、そのまま踵を返して行ってしまう。
今日の法事に、弟の涼を呼ばなかったことを快く思っていないのだろう。
龍彦としても、呼ぶべきか迷った。
だが、他の親戚たちの手前、前科の付いた者を呼ぶ訳には行かなかったのだ。

「そう言えば、この刀の手入れは親父と涼がやっていたっけな」

 腕を組んだまま、刀を見つめる。
黒い鞘に納まったそれを、龍彦はなかなか好きにはなれなかった。

「あいつにやるか」

 涼の方が然るべき方法で保管または売買してくれるだろう。
そこまで思ったところで、肝心なことを思い出した。

「刀の登録し直したばっかりだったな……」

 深く考えず所有者を自分に変更してしまっていた。

「手入れは和彦に任せるか」

 いずれ和彦の物になるのなら、父も涼も許してくれるだろう。

「また厄介な物ばかり遺ったもんだ」

 龍彦は渋面を作り、刀を眺め続けた。


                                 了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR