FC2ブログ

22.お土産<綾木涼(あやぎりょう)>

written by 朝川 椛


 甥っ子で中学生の和彦が繭玉の阿闍梨餅を持って泊まりに来た。

「一昨日まで修学旅行だったんだ」

 なるほど、と京都土産のそれを有難く受け取り、茶の用意を始める。
後ろ手に、甥の声が響く。

「本当は麩まんじゅう買って来たかったんだけどさ。1日空いちゃうから諦めたんだ」
「そうか。ありがとう。これ好物なんだよ」
「マジ? よかった! 紺野にお礼言っておくよ」

 嬉しげな声に、涼は煎茶を湯呑みに注ぎながら首を傾げる。

「友達か? 初めて聞く名前だな」
「ただのクラスメイトだよ」

 ぶっきらぼうなその声音に、涼は悟った。

「なんだ。女子か」
「なんだよ。悪いかよ」
「悪くないさ。さ、食べようか」

 湯呑みを和彦の前に置き、阿闍梨餅も添える。

「本当に彼女とかじゃないんだからな」

 念を押してくる和彦を前に、ああ、と納得してみせてから、手を合わせる。

「いただきます」

 不満げな甥っ子の顔にくすりとしながら、涼は阿闍梨餅を頬張るのだった。


                                              了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR