FC2ブログ

27.ウィルス<綾木和彦(あやぎかずひこ)>

written by 朝川 椛

「肩が痛いんだよなぁ」

 和彦は叔父の涼の前で呟いた。

「肩痛いって、お前まだ小学生だろうが」
「でも痛いものは痛いんだもん」
「んー……」

 叔父が心配げな顔をして、おでこに手を当ててきた。

「お前、熱あるじゃないか」
「んーそういえばダルいかも。なんか気持ち悪いし」
「だるいって! とにかく病院行くぞ」

 涼に手首を捕まれ、和彦は立ち上がる。
立った途端、くらくらと目眩がした。
 頭が、痛い。
和彦は涼に抱き上げられ、車に乗せられる。
早々に病院へ連れて行かれ、診断がくだされた。

「インフルエンザです」
「はい」

 薬を貰って、迎えに来た両親に抱えられて外へ出た。
涼はついては来なかった。
何やら難しい顔をして父と話していたのだが、
とにかく節々が痛くて会話に割って入ることができなかった。

「ねえ、お母さん。叔父さんは悪くないんだよ?」

 告げると、母がぎゅっと眉間に皺を寄せた。

「悪くなくても、責任はあるの」

 わかったら口を閉じて、と言われ、和彦は項垂れた。

「……はい……」

 しかたなく首肯したが、和彦は言いようのない寂しさと悲しさに襲われたのだった。



                                                   了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR