FC2ブログ

28.ゴミ<綾木和彦(あやぎかずひこ)>

written by 朝川 椛


 和彦はまだ1回生で、ゼミ生でもないのに今ゼミ室の掃除をさせられている。
いや、させられている、というより、立候補させられたのだ。

「お前がやっておけ」

 という無言の圧力に耐えかねて、自ら手を挙げた。
それがほぼ強制であったのだとしても、あくまで立候補したのは自分である。

「うんしょ」

 大きな紙ゴミが4束。
たった1枚の紙だったとしても、溜まればそれなりの重さになる。

「案外重いんだなあ」

 知らなかったわけではないが、毎度紙ゴミをまとめる度に思わずにはいられない。

「うちのゼミもシュレッダー買えばいいのに」

 ぶつくさ言うが、誰も聞いてはいない。
そもそも、今一度言うが、和彦はまだ「うちのゼミ」でもない身分である。

「割食ってるよなあ」

 ぼやいてもどうにもならないので、
帰りに先輩から何か奢ってもらおうと思う和彦だった。


                                       了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR