FC2ブログ

29.自転車<須永瑠奈(すながるな)>

written by 朝川 椛


 住んでいる土地柄、
瑠奈にとって自転車は自己の足と同じくらいなくてはならないものだ。
 それなのに、パンクした。
やっぱり少し値段が張ってもパンクしにくいタイヤのものを買っておくべきだった。
あとで後悔したが、もう遅い。

「あそこで家建ててたからだ! 絶対!」

 リフォームではなく新築住宅。
別にそれが羨ましいわけではない。
新しく家が増えることに文句がある訳ではなく、
そこで必ずと言っていいほど落ちている釘が、忌々しいのである。

「それでも昔よりは少なくなったってきいたけど。でもなあ!」

 自転車屋へ向かいながら、瑠奈は1人頬を膨らませる。
引いていく自転車は重いし、自転車屋も遠い。

「あー! もう!」

 誰が悪い訳でもないだけに、腹の虫が収まる気配はなく。

「帰りにアイスクリーム買っていこう!」

 太ろうがなんだろうが食べるのだ。
がっついてやるから、と瑠奈は一人天に向かって吠えた。


                                     了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR