FC2ブログ

36.穴 <綾木涼(あやぎりょう)>

written by 朝川 椛

「和彦、お前靴下に穴が空いてるぞ」

 買ってきたプリンに夢中な甥っ子に声をかけると、
甥っ子が自身の足元を見た。

「あ、ホントだ」

 小さく叫んで、慌てて足の指に力を入れ、穴を隠しにかかる。

「おいおい。それじゃあ、意味ないだろ」
「だって、そのまんまだと恥ずかしいし」

 頬を膨らませ抗議してくる和彦の様子に、
涼はおかしさにくっくっと声を漏らした。

「笑うなよー」

 さらに膨れる和彦の目を見つめ、涼はよし、と手を差しだした。

「俺が穴ふさいでやるよ」
「え?! おじさんそんな事できるの?!」

 両目をこれ以上ないほど見開く和彦へ、涼は肩を竦めてみせた。

「まあ、これでも大人だからな」
「でもお父さんはできないよ? やらないし」

 感心しきった和彦の言葉へ、涼は一瞬返答に困った。

「ま、まあ、不得意な人間もいるからな」
「ふうん」

 和彦が小首をかしげながら穴の空いた手渡してくる。

「大人ってなんでもできるんだと思ってたよ」
「人間色々ってことさ」

 感想を告げてくる和彦へ、涼は肩を竦めてみせる。

「そうなんだ」

 どうやら納得したらしい。
またプリンをパクつきだす和彦を見ながら、涼は1人苦笑するのだった。


                                            了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR