FC2ブログ

38.闇 <須永いすず(すながいすず)>

written by 朝川 椛

「お前の心には闇が見える」

 亡くなる前、入婿であった夫が口にした言葉だ。
いすずはこの言葉を思い出す度、胸に鋭い痛みを感じる。

 できることなら泣きたい。
 自分だってなりたくてなったわけではない。

 ただ家が、この古いだけの家柄が、
自分たち須永の血をこの地へと縛りつけているのである。

「貴方がどう思おうとも、私はこの家を守らねばならぬのです」

 仏壇に置かれた写真をひたと見据えながら呟くと、
しばらくぶりに遊びに来ていた曾孫の瑠奈が、声をかけてきた。

「一体何の話? 怖い顔して」
「なんでもありませんよ。お前は何にも心配しなくていいの。
いいわね?」
「だから、何の話?」
「いいから、約束してちょうだい。須永の家を頼みますよ」
「はいはい」
「はい、は1回!」
「はーい」

 溜め息を吐いて廊下へ出ていく曾孫の後ろ姿を眺めながら、
いすずの心はまたドロドロとした暗い液状の何かへと沈んでいくのだった。


                                        了
スポンサーサイト



テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

やどりぎ

Author:やどりぎ
ようこそ、
こちらはオリジナル小説
サークル『宿り木』の小説ブログです。
メンバーの
朝川 椛(あさかわもみじ)
と高木 一(たかぎはじめ)の
2人で100のお題をお借りし、
オリジナル小説を書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
宿り木カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR